『日の丸を見ただけでいいパフォーマーのはず』イタリアでの大道芸コンテスト | バルーン王子アキのコラム

第10回 『日の丸を見ただけでいいパフォーマーのはず』イタリアでの大道芸コンテスト
p10

日本から約9500km。イタリアの南に位置する水の都ヴェネチアに到着。

まずイタリアに来てビックリしたのは、ヨーロッパは基本どこに行っても綺麗なのだが食事だ!

イタリアは本当にご飯が美味しい。いや、日本人の口に合うだけなのか?!

海鮮類・パスタ・ピザ・揚げ物あらゆるものを口にいたがどれも絶品!!換金したお金をすべて使いきる勢いだ。

食事だけでここまでいいと思った国は少ない。

オススメは純粋にパスタ。特に、バジル風味のものを自分は好んで食べた。

 

 

腹ごしらえも終え、そこから1時間半電車に揺られウトウト・・・。

静かな田舎町といった印象のこの街で、明日から大道芸フェスティバルとコンテストも兼ねたお祭りが始まる。

明日のコンテストに備えての街の雰囲気を掴むための街をぶらつく。特に海外での講演では毎度恒例になっていた。

 

 

街の至ることにジャグリングやクラウン(ピエロ)の壁画などの絵が描かれており、この街の文化を少し知ることができた。

古くから大道芸を盛んにやられてきた街なのであろう。

どの国のフェスティバルもだが観光客が少ない、静かな田舎町の所が多い。

ここも例に違わず、とってものどかで綺麗で川で釣りが楽しめそう。自分の大好きな雰囲気を醸し出していた。

しかし、フェスティバルが始まると街の様子が一変する!昨日までの景色はどこへやら。唸るように人という人がこれまたものすごい熱気を連れて押し寄せる。

 

 

コンテスト当日の朝、緊張混じりの自分に主催者の1人が話しかけてきた。

  • この場所でいいだろ?
  • 問題はある?

バルーンのみを駆使したパフォーマー自体少ない中、更に権威あるこのフェスティバルに招待された人間は過去にいない。

そのため、自分の自分のパフォーマンスをよく把握できない様子で、色々と探りを入れられた。

正直もっと広い場所がよかったが初めてのイタリアのフェスティバル贅沢も言っていられないしパフォーマンスを見て貰えば次回呼ばれた時に広くなるだろ。

着々と準備を勧め、本番10分前にショーをするポイントへ・・・

次の瞬間目を疑った。。。

 

 

超満員!!

過去に類を見ないほどの観客の数に圧倒される。荷物をステージに持ってあげられないほどだ。すごい!

 

理由はすぐに推測できた。

そう彼らは過去のフェイスティバルの観覧を通じて、日本人パフォーマーのレベルが高さを熟知している。

大会パンフレットの日の丸の国旗を見ただけでいいパフォーマーに違いない!!そう踏んでいるのだ。

自分の力ではないけど(笑)これはありがたい!!

この幸運を背にすれば、コンテストの方でも十分レベルの高い海外パフォーマーとも肩を並べられる。

ハードルが上がることの危惧なんか微塵も考えなかった。

前回のドイツの経験もありそんなハードル飛び越えてしまえると素直に思えた。

 

 

 

・・・キタ!

ドイツでの成功から数ヶ月ほど間が空いてしまっていたが、このゾーンとも言うべき感覚は忘れずにしっかりと掴んで離してはいなかった。

お客様の表情もいい!自分も表情もいいはず!(笑)

当初危惧していた狭めのステージも、逆に観客との距離が近くて臨場感が伝わりやすくなるのに一役買っていた。

さらに狭い空間に張裂けんばかりに人が密集しているため一体感がいい具合で出ている。

運を味方につけるとはまさにこの事だった。全ての事柄が自分のために動いている。これはいけるかもしれない。

 

 

海外は、基本言葉を使わずにパフォーマンスするため、流れや空気を読み間違えると立て直しが難しい。

このことは過去の海外経験からも身にしみてわかっていた。

だからパフォーマンス最中は頭の中をフル回転しなければならず、いつも以上に疲労がたまる。

コンテストは3回のステージを終えて、そのポイントで争われるので、最後まで全力で望む必要があり、途中で息切れ出来ない。

でもそれもこの観客の反応を目の当たりにすれば、実に気持ちの良い疲れでしかない。

最後まで全力疾走できそうだ。

 

 

まだステージが残った状態で、途中結果が貼りだされる。

ショーの疲れをすっかり忘れ一目散に掲示板に向かい、自分のエントリーナンバーを探す。

 

 

・・・どこだ?

・・・これか?!

・・・これじゃない。

 

 

・・・はっ!!!これか?

 

 

・・・すごい!!!

 

 

なんと周りを抑えての1位だった。

目を疑った。。。びっくりした。。。

 

 

それでも動揺はしない。自分の今までやってきたことは間違いではない、それが確信に変わっただけだ。

残りのステージを悔いなく全力で臨むだけなのだから。

 

 

 

いいところで申し訳無いですが、次回、いよいよコンテスト完結編です。結果は如何に?

 

バルーンパフォーマー アキ

ご意見、感想、ファンレター、次に何を書いて欲しいか等ご要望は、aki@event-partners.netまで。
読者様の反応があれば続きますし、なければ続きません!お願いします!
何件かファンレターをいただきました。反応をいただけることで、このコラムを運営しているものとして嬉しく思います。
いただいた応援メッセージはアキさんにお届けいたします。
管理運営 株式会社パートナースケッチ

2006年 ザ・ツイスターズ コンテスト★ラージ部門★ ★優勝★
2007年 ザ・ツイスターズ コンテスト
★TWIST15部門★ ★優勝★
★スモール部門★ ★準優勝★
★ワンバルーン部門★ ★準優勝★
2008年 ザ・ツイスターズ コンテスト★SHOWゲスト★ ★審査員★
2008年 大道芸ワールドカップIN静岡 ★オン部門★ 出場
2009年 ヘブンアーティスト ★合格★

【講師】
2006~2009年 ツイスターズ(全国大会)

【大道芸大会】
フェスティバル 出演歴(2008~2009)
うつのみや大道芸
静岡大道芸ワールドカップ オン・オフ部門
リトルワールド大道芸
幕張大道芸
長岡大道芸
アリオ川口大道芸 優勝・準優勝
モザイク大道芸人コンテスト 準優勝
天満天神大道芸祭 準優勝
ふくやま大道芸コンテス ローズプライズ特別賞

Pagetop